So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

宮澤智 高校 [芸能]

コネ入社だとか、熱愛フライデーだとか、新人女子アナとは思えないほどのお騒がせアナの宮澤智

その宮澤智の出た高校はどこか?が話題になっている。


で、宮澤智の出身高校だが、どうやら埼玉栄高校らしい。


埼玉栄高校といえば野球などスポーツが強い高校ということで有名だが、偏差値も結構高い高校らしい。

宮澤智が高校卒業後、早稲田大学→フジテレビの女子アナ、という超エリートコースを歩んでいるのだから、そりゃアホな高校ではないでしょう。


ところで、埼玉栄高校は男女交際が禁止されているという噂なのだが、今時そんな高校が本当にあるのだろうか?そして、仮に本当に埼玉栄高校にそんな高校があったとしたら、高校生のころから美人だったはずの宮澤智は、そうとう面倒臭いことになっていたんじゃないだろうか?

それとも、高校時代の宮澤智さんは、高校の規則をきちんと守る真面目な生徒で、その反動で高校卒業後はフライデーされるような弾けた行動に出るようになったのだろうか?



まあ、それはともかくとして、宮澤智に関し、驚くべきニュースが入ってきた。

なんと、フジテレビ入社わずか半年の宮澤智が、フジテレビのあの看板番組の一つである「すぽると」のキャスターに大抜擢されたのだ。

「すぽると」のキャスターと言えば、内田恭子とか平井理央などのフジテレビの看板女子アナが担ってきた重要なポストだ。

いくら、前任の平井アナが寿退社による降板という事情があったにせよ、簡単に掴めるポジションではない。


しかし、宮澤智は入社わずか半年で、この座を奪ったのだ。

やはり、スターは違う。

宮澤智はただの可愛い女の子ではないのだ。

決してコネでフジテレビの入社できたわけではないのだ。

コネで「すぽると」のキャスターになれるはずがないのだ。





宮澤智

これからは、ますます面白い熱愛ネタでフライデーされることだろう。

期待している。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

浅香唯 ひまり [芸能]

80年代後半、スケバン刑事などで人気を博した浅香唯 



そんな浅香唯も、もう子供を産み、母親になっていた

その子供の名前は陽舞莉(ひまり)ちゃん

なんて、カワイイ響きの名前だろう


でも、子供の名前なんか公表しちゃって大丈夫なのかな?

ただでさえ、有名人・浅香唯の子供で

そのうえ「ひまり」なんて珍しい名前を公表しちゃったら、

どこにいってもバレるだろうに


それとも、浅香唯 

自分の子供も芸能界にデビューさせるつもりなのか?





10代でブレイクした浅香唯も

20代後半にはやはり人気は下降気味になって行った

そして、知らないうちに結婚していた


夫は西川貴博さん

この夫の職業はドラマーだとかドラマー講師だとか、いろいろ噂がある


で、夫・西川さんとの間に生まれたのが〝ひまり〟ちゃん

夫との結婚が2007年7月21日で、ひまりちゃんが誕生したのが2007年9月12日だとか

つまり、できちゃった結婚だったわけだね

でもこれって幸せが一緒にやってくる一番いい形かもしれない



ところで、この浅香唯と西川さんの子供ひまりちゃんには、気になる噂が流れている

それは、ひまりちゃんが心臓病だって言う噂だ

あくまでも心臓病と言う噂は噂にすぎず、事の真相は明らかではないが・・・・・


でも、最近でも大河ドラマなどで浅香唯が活躍しているところを見ると、

ひまりちゃんは心臓病などではなく、元気にスクスク育っているんじゃないかって…

そう思いたくなる

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

デヴィ夫人と娘カリナの確執 [芸能]

デヴィ夫人ことデヴィ・スカルノには娘がいる



娘の名はカリナ




そう



あのインドネシアのスカルノ元大統領との間に生まれた子供だ











カリナが生まれたのはデヴィ夫人がスカルノ大統領と結婚して5年目の事


待望の我が子の誕生だった。






だか、喜びもつかの間


その直後にスカルノは失脚






デヴィ夫人と娘は、インドネシアを追われるようにパリへ亡命。


そしてスカルノは死亡した。







その後、デヴィ夫人と娘は激動の人生を送るようになる。





最初は、娘と一緒に暮らしていたデヴィ夫人であったが、


やがて、クーデターで奪われたスカルノの財産を取り戻すために、

娘カリナをパリに残したまま、デヴィ夫人はインドネシアに向かった。




そして、娘カリナは10代のほとんどを母親と離れて暮らすことになった。





そして・・・



二人の間に確執が生まれた。



カリナはデヴィ夫人を〝母〟として、認めなくなったのだ。






財産を取り戻し、娘と暮らすためにニューヨークに新居を構えたデヴィ夫人


しかし、そこに娘カリナがやってくることはなかった。


そして、25年の歳月が流れた・・・





スポンサーリンク






カリナは結婚をした


そしてカリナは子供を産んだ



キラン


それは、デヴィ夫人の初孫でもあった。





キランの誕生により、デヴィ夫人と娘カリナとの関係にも変化が生じた。




「私も母になり今ではお母さんの気持ちがわかる。お父さんも急に亡くなり1人で私を育てた事は本当に大変だったと思う。今まではコミュニケーションをあまりとれてなかったけど、これからは2人でショッピングしたり昔出来なかった事をしたいです。」



カリナは母・デヴィ・スカルノと連絡を取るようになったのだ。











波乱万丈の人生を送り、心が離れてしまった母と娘


しかし、新たに生まれた子供が、その二人の絆を再び結びつけたのだ。


前の3件 | -